スポンサードリンク

2015年03月14日

新発見!非必須アミノ酸・グリシンが睡眠の質を良くするメカニズム

筋肉や皮膚を作っているタンパク質はアミノ酸から構成されます。
そしてそのアミノ酸には、自分の体内では作り出せないので食事から摂取
しなければならない必須アミノ酸と、
体内で作成される非必須アミノ酸があります。


グリシンはその非必須アミノ酸の一つで、構造が単純で小さいことから
生物が誕生するずっと以前の太古の時代から地球に存在していたと考えられている
身体のどこにでもあるありふれたアミノ酸なのです。

ところがこのありふれたグリシン
すばらしい睡眠効果が発見されたのです。

寝る前にグリシンが含まれた(3g)食事をすると、グリシンが含まれて
いない食事をしたときに比べて、
深い眠りに入る時間が半分になり、眠りが深くなり、
朝の目覚めがスッキリすることが発見されたのです。



そうなるメカニズムは、グリシンが脳に作用して、手足の血管を拡張し
血液の流量を増やします。
そうすると身体の深部の熱が手足に運ばれて深部体温が下がり、
脳がクールダウンするため睡眠の質が良くなると考えられています。

そういえば赤ちゃんが眠くなると手足が温かくなりますね。
血流が増えた手足は皮膚の水分が増して、
肌が潤いますから一挙両得です。


グリシンは非必須アミノ酸なのでバランスよく食べていれば
不足する心配はありませんが、特にグリシンを多く含む食品は
エビ、ホタテ、イカ、カニ、カジキマグロなどの魚介類です。


これらを摂取しても眠りが改善しないときは、
天然の素材からなる【心の青汁 マインドガードDX】
をお試しになってはいかがでしょう。

詳細はこちら>>【心の青汁マインドガードDX】


関連記事>>不眠症・睡眠障害の改善にはまずセロトニンを増やすことが必要です
posted by oisiiaojiru at 22:13| グリシン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FXを取引機能で比較 すべて何でも 完全無料で利用できる出会い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。