スポンサードリンク

2015年03月13日

不眠症・睡眠障害の改善にはまずセロトニンを増やすことが必要です

健康番組などで最近よくセロトニンという言葉を聞くようになりましたが、セロトニンとはどんな働きをするのでしょう。

セロトニンは『ノルアドレナリン』や『ドーパミン』と並んで、体内で重要な役割をしている三大神経伝達物質の一つです。


セロトニンは、生体リズム・神経内分泌・睡眠・体温調節などの生理機能と、気分障害・統合失調症・薬物依存などの病態に関わっているほか

ドーパミンやノルアドレナリンなどの感情的な情報をコントロールし、精神を安定させる働きがある重要なな物質です。</span>

そのため、セロトニンが不足するとうつ病や不眠症などの精神疾患になりやすいと言われています。

近年うつ病などの精神疾患患者や睡眠障害患者が増加傾向にありますが、これは現代生活の変化によって人間がセロトニン不足になっている証拠だと思われます。

そして若者たちがすぐ切れて平気で殺人をしてしまうような現象も室内でゲームやスマホばかり触っていて日光に当たらず運動不足になってセロトニンが不足しているからなのです。


セロトニンを増やす方法

1.早寝早起きをして規則正しい生活をし、太陽の光にあたる。 太陽の光でセロトニンが増えるのです。

2.適度な運動をして必須アミノ酸であるトリプトファンを多く含む 食品を食べる。
 必須アミノ酸であるトリプトファンを食べると体内でセロトニンに 変換されるからです。


トリプトファンを多く含む食品(食品100g中のトリプトファンの量mg)

トリプトファンが多い順
すじこ(331)ひまわりの種(310)たらこ、プロセスチーズ(291)
赤身魚(200〜250)糸引き納豆(242)肉類(150〜250)アーモンド(201) 
そば(192)白米(89)豆乳(53)牛乳(42)バナナ(10)


一般人の一日の必要量は

子供は体重1kg当たり1mg程度
大人は体重1kg当たり2mg程度

不眠症の改善には 体重に無関係に 一日平均500mg程度必要
うつ病の改善には 体重に無関係に 一日平均1000mg程度必要


病気で無い人はちょっと栄養素に注意すればトリプトファンは充分足りますが、不眠症やうつ病の人には食事だけでは大変ですね。

そんなあなたにお勧めなのがトリプトファンが他の必須アミノ酸とバランスよく含まれ、他の睡眠によい食品も含まれている天然の素材からなる【心の青汁マインドガードDX】です。

詳細はこちら>>【心の青汁マインドガードDX】
posted by oisiiaojiru at 22:34| 睡眠障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FXを取引機能で比較 すべて何でも 完全無料で利用できる出会い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。